サステナビリティへの取り組み

KADOKAWAグループが目指す コンテンツのサステナビリティの実現

KADOKAWAグループが届けるコンテンツは、クリエイター・ユーザー・従業員をはじめとする多くの人々の想像力から創りだされ、書籍や映画、アニメ、ゲームから、デジタルコンテンツ、教育、イベントや食などのさまざまな体験まで、多岐にわたります。1945年の創業以来創りだされてきたコンテンツと、これから創りだされていく新たなコンテンツを、時代や国境を越えて、守り、届け続けることは、KADOKAWAグループの大切な使命です。

想像力がはぐくまれ、コンテンツが生まれ、育ち、人々の手元に届き、さらに広がっていくことの土台には、豊かな地球環境と、だれ一人取り残すことのない健全な社会の実現が欠かせません。KADOKAWAグループは、人々の想像力とグループの「IP創出力」「IT技術力」を掛け合わせ、こうした社会課題に取り組んでまいります。
そしてこれからも、サステナブルなコンテンツ創出を通じて、より多くの人々に知識や感動を広げ、文化の普及と発展に貢献していきます。

SDGs関連作品

コンテンツを通じてSDGsを伝えたい
コンテンツを通じてSDGsを伝えたい

KADOKAWAや汐文社をはじめとする各グループ会社では、SDGsという言葉が世の中に生まれる以前より、社会課題解決のための解説書、小説、絵本、図鑑などを刊行してきました。SDGsの考え方を子ども向けに易しく解説した絵本『わたしがかわる みらいもかわる SDGsはじめのいっぽ』(汐文社刊)や、ジェンダーを扱った絵本『ピンクはおとこのこのいろ』(KADOKAWA刊)から、大人向けの書籍『あなたとSDGsをつなぐ「世界を正しく見る」習慣』(KADOKAWA刊)まで、幅広い年代・多彩な読者に向けた内容の刊行物がラインナップされています。ぜひ自分の関心にあったコンテンツを見つけてみてください。

> SDGs関連作品一覧