映像

出版社の映像部門として、書籍とアニメのメディアミックスを最大化

映像事業では、映画の企画・製作・配給、映像配信権などの権利許諾、パッケージソフトの販売などを行っております。
また、出版社の映像部門として、書籍とアニメのメディアミックスを最大化すべく、さまざまなビジネス展開を行っています。



実写

KADOKAWAの映像部門は角川映画、大映映画、ヘラルド映画を母体にしています。日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、第44回日本アカデミー賞優秀賞12部門受賞映画『Fukushima 50』などの大型映画を製作。自社原作を基にした映像作品の企画製作、配給宣伝、配信、ビデオ化などを展開しており、良質な洋画の配給宣伝、海外ドラマなどにも取り組んでいます。


©2020「Fukushima 50」製作委員会
©2020「MOTHER」製作委員会
©1960-2019 The Bert Stern Trust All Rights Reserved.
©2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会
©2021『ファーストラヴ』製作委員会


アニメ

自社原作書籍をアニメ化し、両方をビジネスとして最大化させる──出版社の映像部門という使命を帯びて生まれたKADOKAWAアニメは、時代をリードするヒット作を常に作り出しています。
従来の自社原作TVシリーズに加えてハイエンドなオリジナルアニメや他社原作アニメも多数手掛けながら、配信事業、海外展開、ゲーム化、人気TVシリーズの劇場アニメ化など、IP活用領域の拡大に向けて不断の挑戦を続けています。


©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会
©2021 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会S2
©2021 ひろやまひろし・TYPE-MOON/KADOKAWA/劇場版「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ Licht 名前のない少女」製作委員会
©SELECTION PROJECT
©2020「鹿の王」製作委員会


主なグループ会社