出版

出版を軸とした新規IPの創出

KADOKAWAでは、毎年約5,000点の新刊書籍と雑誌を刊行し、文芸、ライトノベル、コミック、児童書、ビジネス、ライフスタイルなど、幅広いジャンルのIPを創出しております。
紙と電子の出版はもちろん、Web、動画配信、コンテンツサービスとの連動、ならびに、海外展開にも注力。総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」を中心とした各種電子プラットフォームの展開と、UGC(User Generated Contents)発の作品発掘・新人作家育成も行っております。
今後もジャンルの垣根を超えて、ALL KADOKAWAでの包括的な出版戦略に取り組み、メディアミックスの源泉でもある作品創出力の向上に努めてまいります。



文芸

角川文庫・角川ホラー文庫・文芸単行本・文芸誌「小説 野性時代」などのレーベルから、小説を中心としたフィクション作品を年間300点以上刊行。デジタル事業やメディアミックス、海外展開など、他部署との連携も積極的に図り、これからの時代を見据えた出版活動に取り組んでいます。



ビジネス・生活実用書・ノンフィクション

「働く」「暮らす」「学ぶ」の観点から、読者の生活・教養をより豊かにするコンテンツを提供。ビジネス書、生活実用書、ノンフィクション、翻訳書、コミックエッセイ、写真集、学習参考書、語学書、学術書、辞書などジャンルは多岐にわたり、角川新書、角川ソフィア文庫、角川選書のレーベルのほか、セミナーなどのイベント、MD事業も展開しています。



ライトノベル・新文芸

ジャンル確立以来、常にヒットシリーズを創出し、アニメ・ゲーム・コミック・グッズなどメディアミックスを幅広く展開。さまざまなムーブメントを起こし続けてきたライトノベルと、人気が高まるWeb・UGC発の新文芸を刊行。多彩なレーベルが新人賞やWeb・UGCなどから常に新しい才能を発掘し、読者に愛されるエンターテインメント小説を提供しています。



児童書

0歳~未就学児向け絵本から、キャラクター書籍、「日本の歴史」などの「角川まんが学習シリーズ」、児童文庫レーベル「角川つばさ文庫」まで、児童の発達や成長の段階に合わせた幅広いラインアップを刊行。デジタル領域や海外市場も視野に入れた児童書事業を展開していきます。



コミック

「常に時代のニーズを先取りする」をテーマに、世の中の動きに敏感な層に向けた作品を数多く展開し、各種のマンガ賞でも高い評価を受けています。近年では海外からの翻訳作品、無料マンガサイト「ComicWalker(コミックウォーカー)」での電子先行作品なども増え、世界市場に向けた作品づくりも行っています。



電子書籍・電子プラットフォーム

KADOKAWAでは市場の変化に応じたデジタル化を進めており、書籍と雑誌の多くを紙と電子の両方で発売、各電子書籍ストアでお取り扱いいただいています。グループ直営の総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」では、1,000以上の出版社の幅広いジャンルの作品を販売。無料マンガサイト「ComicWalker(コミックウォーカー)」やWeb小説サイト「カクヨム」も運営しています。コンテンツをさまざまなデバイスでお楽しみいただけるよう、今後も紙とデジタルの両方でのサービス拡充を進めていきます。


雑誌

旬の本とコミックを紹介する「ダ・ヴィンチ」、最新のアニメ情報を網羅する「ニュータイプ」、デジタルコンテンツ情報誌「コンプティーク」、ゲーム総合誌「週刊ファミ通」、映画・DVD&ブルーレイソフトの情報誌「DVD&動画配信でーた」、生活情報誌「レタスクラブ」、シニア向け定期購読誌「毎日が発見」など、さまざまな世代・趣味の方々に向けて発信しています。



主なグループ会社


  • 株式会社角川アスキー総合研究所

    株式会社角川アスキー総合研究所

    KADOKAWAグループのメディア総研として、ASCIIメディアの発行、リサーチ、教育、クリエイティブ開発、ユーザーサポートまで、グループの知見を集約し、ワンストップかつ最適な形でお届けしています。

  • 株式会社角川アップリンク

    株式会社角川アップリンク

    KADOKAWAの各ブランドが生み出す、書籍、雑誌、映画、アニメ、ゲーム・・・
    そんな総合コンテンツの基盤を担っているのが沖縄に本社をおく角川アップリンクです。
    角川アップリンクは、さまざまなエンターテインメント情報の発信に従事しています。

  • 株式会社KADOKAWA KEY-PROCESS

    株式会社KADOKAWA KEY-PROCESS

    KADOKAWA KEY-PROCESSは、出版コンテンツのマルチ製造を実現するために、プリ・プレス技術を常に進化させ、トータルデータコントロールを行う製作会社です。

  • 株式会社KADOKAWA Game Linkage

    株式会社KADOKAWA Game Linkage

    「ファミ通」や「ゲームの電撃」ブランドによる出版、ウェブサービス、動画配信といったゲームメディア展開、ゲーミングチーム「FAV gaming」のプロデュース、eスポーツイベント企画など、ゲームにまつわる新しい価値の創出に挑戦する会社です。
    ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさを広げていきます。

  • 株式会社角川ブックナビ

    株式会社角川ブックナビ

    角川ブックナビは、KADOKAWAグループの多種多様な刊行物の販売促進を行う会社です。全国にいるスタッフが各地の書店を定期訪問し、売れ筋や映像化などの情報をもとに売場作りをご提案しています。「書店の店頭をメンテナンスすることで読者とKADOKAWAとのかけ橋となる」をモットーに日々活動しています。

  • 株式会社角川メディアハウス

    株式会社角川メディアハウス

    KADOKAWAグループおよびエンターテインメント事業各社のIPマーケティングの推進をサポート。広告・宣伝・プロモーションのプランニングから、クリエイティブディレクション、イベント企画制作、空間プロデュース、コトビジネス運営まで、推進支援機能を提供するビジネス ソリューションカンパニーです。

  • 株式会社汐文社

    株式会社汐文社

    主に子どもの本を扱っており、学校、公共図書館向けのセット商品を数多く出版しています。ベストセラー『はだしのゲン』『世界でいちばん貧しい大統領』シリーズを中心に、子どもたちに命の大切さや平和を訴える本の出版を目指しています。

  • 株式会社ブックウォーカー

    株式会社ブックウォーカー

    総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」をはじめ、電子書籍全般に関する業務を行っている会社です。「BOOK☆WALKER」では1,000以上の出版社の作品を販売しています。単品販売に加え、「角川文庫・ラノベ読み放題」「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサブスクリプションサービスも提供しています。海外向けサービスとしては、主に北米を中心とした英語圏向けの”GLOBALストア”と、台湾子会社を通じて、中華圏に向けた"台湾ストア"を展開しており、その他にも、KADOKAWAグループが持つコンテンツを中心に国内電子書籍サービス事業者へ取り次ぐ電子書籍取次事業や、NTTドコモとの協業による 「dマガジン」の開発・運用も行っています。

  • 株式会社毎日が発見

    株式会社毎日が発見

    シニア向け定期購読誌「毎日が発見」の出版事業、および通販カタログ「毎日が発見ショッピング」などによるシニア向け通販事業を行っています。

  • 株式会社GeeXPlus(ギークスプラス)

    株式会社GeeXPlus(ギークスプラス)

    日本のアニメやマンガ、ライトノベル、ゲームを愛する外国人インフルエンサーを抱えるマーケティング会社です。英語圏に向け、弊社所属のインフルエンサーを使ったプロモーションの企画から動画制作、配信までを提供します。

  • 株式会社ビルディング・ブックセンター

    株式会社ビルディング・ブックセンター

    ビルディング・ブックセンターは、KADOKAWAグループの出版物製造や書籍・グッズ通販の物流といった、コンテンツとお客様を結び付ける重要なポジションを担っています。「ところざわサクラタウン」では、最新鋭の設備を駆使し、高品質かつこれまでにないスピード感の出版流通を実現します。

  • BOOKWALKER TAIWAN CO., LTD./台湾BOOK☆WALKER股份有限公司

    BOOKWALKER TAIWAN CO., LTD./台湾BOOK☆WALKER股份有限公司

    BOOKWALKER TAIWANは、2016年2月より繁体字中国語の電子書籍ストア「BOOK☆WALKER TAIWAN」のサービスを提供しています。台湾を中心とする繁体字中国語圏の読者に日本の作品などの魅力を発信するとともに、日本のブックウォーカーの包括的な技術協力を通じ、快適なデジタル読書環境を提供しています。

  • GUANGZHOU TIANWEN KADOKAWA ANIMATION & COMICS CO., LTD./広州天聞角川動漫有限公司

    GUANGZHOU TIANWEN KADOKAWA ANIMATION & COMICS CO., LTD./広州天聞角川動漫有限公司

    2010年に中国・広州市に設立。ライトノベルや文芸小説、マンガ、画集などの翻訳出版に携わるとともに、中国のオリジナルIPを独自に開発し出版しています。その他、グッズ・アニメ事業など、出版以外の新しい分野にも取り組んでいます。

  • J-Novel Club LLC

    J-Novel Club LLC

    2016年に設立されたJ-Novel Club は、日本のライトノベルやマンガの英語翻訳出版ならびにサブスクリプションサービスを展開しています。北米を中心とする英語圏市場向けに、サブスクリプションサービスを通じ、先行でチャプター配信を行ったのち、順次、電子書籍を英語圏市場における主要なオンラインストアを通じて販売しています。

  • KADOKAWA AMARIN COMPANY LIMITED

    KADOKAWA AMARIN COMPANY LIMITED

    KADOKAWA AMARINは、タイ最大手の出版社のAMARINとKADOKAWAが2016年に設立。ライトノベル、コミックの出版を始め、タイ国内のイベントでのグッズ販売なども手掛けています。バーチャルキャラクターの開発や電子書籍、ECなど幅広い事業を展開しています。

  • KADOKAWA GEMPAK STARZ SDN. BHD.

    KADOKAWA GEMPAK STARZ SDN. BHD.

    マレーシアのコミック・児童書の大手出版社であり、2015年にKADOKAWAが株式を取得しました。メディアミックス展開によって、同社のコンテンツ価値を最大化することを図り、東南アジア諸国、中華・英語圏へも積極的に展開しています。

  • 2005年に設立。香港で唯一の日系メディア会社。SNSやウェブサイトなどのオンラインプラットフォーム、雑誌「Japan Walker@HK(旧称:香港ウォーカー)」、香港現地でのイベントを通じて、日本のグルメ、旅行、流行文化などの情報を日本が大好きな香港人に届けています。

  • KADOKAWA TAIWAN CORPORATION/台灣角川股份有限公司

    KADOKAWA TAIWAN CORPORATION/台灣角川股份有限公司

    1999年設立。2015年に中文繁体字の電子書籍市場の将来を見据え、日本の電子書籍販売サイト「BOOK☆WALKER」のシステムやノウハウを移植する形で子会社として台湾漫読(BOOKWALKER TAIWAN)を設立。2019年にはWalker事業をスピンアウトしてWalkerMediaを設立しDX化を加速。台湾の旅行グルメ分野でトップレベルのアクセスを誇るサイトに成長させるなど、台灣角川はKADOKAWAグループの海外戦略の中核を担っています。

  • WALKERMEDIA CO., LTD./我傳媒科技股份有限公司

    WALKERMEDIA CO., LTD./我傳媒科技股份有限公司

    2019年設立。台湾現地最大手のゲーム会社Gamania Groupとの合弁会社です。Taipei Walker、Japan Walker、WalkerLandの3つのブランドで、台湾・日本のグルメ、トラベル、ライフスタイル情報を発信。台湾で最も人気のある旅行・グルメ情報のデジタルプラットフォームです。「WalkerLand」を中心に、ユーザーに情報を提供するメディアにとどまらず、セレクトアイテムや旅行商品の販売などのサービスも展開し、ユーザーにより高い付加価値をもたらすことを目指しています。

  • YEN PRESS, LLC.

    YEN PRESS, LLC.

    2016年に米国の大手出版社Hachette Book Groupとの合弁会社として設立。北米市場での日本のライトノベル市場を開拓したリーディング・カンパニーであるとともに、オリジナル作品の開発や、他の英語圏への展開など、積極的に事業を展開しています。