出版・IP創出

出版を軸に、新たなコンテンツを生み出していく

年間5,000タイトルにおよぶ、文芸、コミック、ライトノベル、児童書、実用書など多様なジャンルの新作を継続的に発行しており、異なるメディアでコンテンツを展開(メディアミックス)していく上での重要な源泉となっています。
紙や電子書籍による出版はもちろん、動画配信やイベント、グッズなど他事業との連携に加え、総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」を中心とした各種電子プラットフォームに展開しています。また作品投稿プラットフォームやSNSで新しい才能を発掘することに加え、日本語版と多言語版を同時発売するなど海外展開にも力を入れることで、世界中の読者・ファンに魅力的な作品を届けています。



書籍

文芸

角川文庫・角川ホラー文庫・文芸単行本・電子文芸誌「小説 野性時代」などのレーベルから、小説を中心としたフィクション作品を年間300点以上刊行。名だたる文学賞の受賞作をはじめ、話題の映像化作品の原作など、幅広いジャンルの作品作りに取り組んでいます。



ビジネス・生活実用書・ノンフィクション

「働く」「暮らす」「学ぶ」の観点から、読者の生活・教養をより豊かにするコンテンツを提供。ビジネス書、生活実用書、ノンフィクション、翻訳書、コミックエッセイ、写真集、学習参考書、語学書、学術書、辞書などジャンルは多岐にわたり、角川新書、角川ソフィア文庫、角川選書のレーベルのほか、セミナーなどのイベントも行っています。



ライトノベル・新文芸

ジャンル確立以来、常にヒットシリーズを創出し、アニメ・ゲーム・コミック・グッズなどメディアミックスを幅広く展開しています。さまざまなムーブメントを起こし続けてきたライトノベルと、高い人気を誇るWeb・UGC(User Generated Content)発の新文芸を刊行。多彩なレーベルが新人賞や作品投稿プラットフォームなどから常に新しい才能を発掘し、読者に愛されるエンターテインメント小説を提供しています。



児童書

0歳~未就学児向け絵本から、キャラクター書籍、「日本の歴史」などの「角川まんが学習シリーズ」、児童文庫レーベル「角川つばさ文庫」まで、子どもの発達や成長の段階に合わせた素敵な読書体験を提供するラインアップを刊行しています。



コミック

「常に時代のニーズを先取りする」をテーマに、世の中の動きに敏感な層に向けた作品を数多く展開し、各種のマンガ賞でも高い評価を受けています。近年では海外ファンに向けた多言語への翻訳作品、無料マンガ配信サイト「カドコミ」での電子先行作品なども増え、世界市場に向けた作品づくりも行っています。


「山田くんとLv999の恋をする」©ましろ/COMICSMART INC.


また、スマホで気軽に読める縦スクロール型のコミックレーベル「タテスクコミック」を立ち上げ、KADOKAWAの人気タイトルから、オリジナル連載まで、色鮮やかなフルカラーによる日本発の縦スクロール型コミックを国内・海外に向けて多数配信しています。2023年から全6言語・全世界から作品を募集する「TATESC COMICS Global Awards」も開催しています。

タテスクコミック

電子書籍

電子書籍・電子プラットフォーム

KADOKAWAグループでは市場の変化に応じたデジタル化を進めており、書籍と雑誌の多くを紙と電子の両方で発売、各電子書籍ストアで提供しています。グループ直営の総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」では、1,400社以上の出版社から120万点以上の作品を販売。そのほか無料のマンガ配信サイトや小説投稿サイトなども運営し、UGC(User Generated Content)発の著者の発掘にも取り組んでいます。


メディア

雑誌・ムック

生活情報誌「レタスクラブ」、テレビ情報誌「月刊ザテレビジョン」、ゲーム総合誌「週刊ファミ通」、女の子のためのキャラクター&ゲーム情報誌「キャラぱふぇ」、最新のアニメ情報を網羅する「ニュータイプ」、旬の本とコミックを紹介する「ダ・ヴィンチ」など、さまざまな世代・趣味の方々に向けて発信しています。



Webメディア

トレンド&おでかけ情報サイト「ウォーカープラス」、芸能・エンタメ情報サイト「WEBザテレビジョン」、本とコミックのポータルサイト「ダ・ヴィンチWeb」、生活情報サイト「レタスクラブ(WEB)」、IT情報総合サイト「ASCII.jp」、総合エンタメ情報サイト「ファミ通.com」など、さまざまなジャンルのWebメディアを運営しています。


主なグループ会社


  • 株式会社角川アスキー総合研究所

    株式会社角川アスキー総合研究所

    KADOKAWAグループのメディア総合研究所として、調査、コンサルティング、マーケティング、ソリューション事業、出版、教育支援事業など幅広く展開しています。グループの持つ豊富なコンテンツ力、メディア力、リサーチ力を総合的に発揮することで、お客様の課題解決に取り組みます。

  • 株式会社角川アップリンク

    株式会社角川アップリンク

    KADOKAWAの各ブランドが生み出す、書籍、雑誌、映画、アニメ、ゲーム・・・
    そんな総合コンテンツの基盤を担っているのが沖縄に本社をおく角川アップリンクです。
    角川アップリンクは、さまざまなエンターテインメント情報の発信に従事しています。

  • 株式会社KADOKAWA KEY-PROCESS

    株式会社KADOKAWA KEY-PROCESS

    KADOKAWA KEY-PROCESSは、出版コンテンツのマルチ製造・出版DX化を実現するために、プリプレス技術を常に進化させ、トータルデータコントロールを行う製作会社です。

  • 株式会社KADOKAWA Game Linkage

    株式会社KADOKAWA Game Linkage

    「ファミ通」や「ゲームの電撃」ブランドによる出版、ウェブサービス、動画配信といったゲームメディア展開、ゲーミングチーム「FAV gaming」のプロデュース、eスポーツイベント企画、グッズ制作など、ゲームにまつわる新しい価値の創出に挑戦する会社です。
    ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさを広げていきます。

  • 株式会社角川ブックナビ

    株式会社角川ブックナビ

    KADOKAWAグループの多種多様な刊行物の販売促進を行う会社です。全国にいるスタッフが各地の書店を定期訪問し、売れ筋や映像化などの情報をもとに売場作りをご提案しています。「書店の店頭をメンテナンスすることで読者とKADOKAWAとのかけ橋となる」をモットーに日々活動しています。

  • 株式会社GeeXPlus(ギークスプラス)

    株式会社GeeXPlus(ギークスプラス)

    日本のアニメやマンガ、ライトノベル、ゲームを愛する外国人インフルエンサーを抱えるマーケティング会社です。英語圏に向け、弊社所属のインフルエンサーを使ったプロモーションの企画から動画制作、配信までを提供します。

  • 株式会社汐文社

    株式会社汐文社

    主に子どもの本を扱っており、学校・公共図書館向けのセット商品を数多く出版しています。ベストセラー『はだしのゲン』『世界でいちばん貧しい大統領』シリーズなど、子どもたちに命の大切さや平和を訴える本の出版を目指しています。

  • 株式会社ビルディング・ブックセンター

    株式会社ビルディング・ブックセンター

    KADOKAWAグループの出版物製造や書籍・グッズ通販の物流といった、コンテンツとお客様を結び付ける重要なポジションを担っています。「ところざわサクラタウン」内の最新鋭デジタル設備を備えた書籍製造・物流工場では、少量生産で高品質な製造を可能にし、これまでにないスピード感の出版流通を実現します。

  • 株式会社ブックウォーカー

    株式会社ブックウォーカー

    総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」や英語圏向けの”GLOBALストア”をはじめ、電子書籍全般に関する業務を行っています。また、マンガ投稿サービス「ニコニコ漫画」、読書管理サービス「読書メーター」の運営、KADOKAWAグループが持つコンテンツを中心とした電子書籍取次事業、NTTドコモとの協業による「dマガジン」等の開発・運用も行っています。

  • 株式会社毎日が発見

    株式会社毎日が発見

    シニア向け定期購読誌「毎日が発見」の出版事業、雑誌「3分クッキング」の出版事業、書籍出版事業、および通販カタログ「毎日が発見ショッピング」などによるシニア向け通販事業を行っています。

  • ANIME NEWS NETWORK LLC

    ANIME NEWS NETWORK LLC

    日本発のアニメ、マンガ、ライトノベルといったコンテンツ関連の最新ニュースを、北米を中心とする全世界の英語圏市場のユーザー向けに配信するメディア事業を展開しています。サイト上では作品データベースやユーザー間の交流フォーラムなども運営し、北米最大規模の専門プラットフォームとしての地位を確立しています。

  • BOOKWALKER TAIWAN CO., LTD./台湾漫読股份有限公司

    BOOKWALKER TAIWAN CO., LTD./台湾漫読股份有限公司

    BOOKWALKER TAIWANは、2016年2月より繁体字中国語の電子書籍ストア「BOOK☆WALKER TAIWAN」のサービスを提供しています。台湾を中心とする繁体字中国語圏の読者に日本の作品などの魅力を発信するとともに、日本のブックウォーカーの包括的な技術協力を通じ、快適なデジタル読書環境を提供しています。

  • GUANGZHOU TIANWEN KADOKAWA ANIMATION & COMICS CO., LTD./広州天聞角川動漫有限公司

    GUANGZHOU TIANWEN KADOKAWA ANIMATION & COMICS CO., LTD./広州天聞角川動漫有限公司

    2010年に中国・広州市に設立以降、ライトノベルや文芸小説、マンガ、画集などの翻訳出版に携わるとともに、中国オリジナルIPの開発および海外展開を行っています。
    また、グッズ事業を手掛けるほか、アニメ・ゲーム・デジタル商品などの出版以外の新しい分野にも取り組み、メディアミックスを積極的に推進しています。

  • JNC Nina GmbH

    JNC Nina GmbH

    2023年設立。JNC Nina GmbHは、J-Novel Clubが北米を中心とする英語圏市場向けに展開している日本のライトノベルやマンガを取り扱っています。これらのコンテンツの英語翻訳電子書籍出版ならびにサブスクリプションを中心とするサービスをドイツ語およびフランス語で展開しています。

  • J-Novel Club LLC

    J-Novel Club LLC

    2016年に設立されたJ-Novel Clubは、日本のライトノベルやマンガの英語翻訳出版ならびにサブスクリプションサービスを展開しています。北米を中心とする英語圏市場向けに、サブスクリプションサービスを通じ、先行でチャプター配信を行ったのち、順次、電子書籍を英語圏市場における主要なオンラインストアで販売しています。

  • KADOKAWA AMARIN COMPANY LIMITED

    KADOKAWA AMARIN COMPANY LIMITED

    KADOKAWA AMARINは、タイ最大手の出版社のAMARINとKADOKAWAが2016年に設立。以来、日本のライトノベルやコミックの翻訳出版事業、Eコマース事業、映画配給事業、アニメや原作版権を使ったキャラクターグッズの製造など、幅広い事業を展開しています。

  • KADOKAWA GEMPAK STARZ SDN. BHD.

    KADOKAWA GEMPAK STARZ SDN. BHD.

    マレーシアのコミック・児童書の最大手出版社であり、2015年にKADOKAWAが株式を取得。「どっちが強い」シリーズをはじめ、自社オリジナルコンテンツを日本、中華・英語圏、東南アジア諸国へも出版展開しています。今後はメディアミックス展開によって、コンテンツ価値を最大化することを目指しています。

  • 2005年に日系メディア会社として設立。2021年に自社運営のEコマース(EC)サイトを立ち上げ、台湾と日本から輸入したACG(アニメ、コミック、ゲーム)関連の書籍特装版や商品の販売を行っています。
    今後は引き続きEC運営やイベント出展などを通し、ACGファンとの接点を作っていくことで、市場ニーズを把握しながら、ファンに期待以上の満足感をもたらすことを目指しています。

  • KADOKAWA TAIWAN CORPORATION/台灣角川股份有限公司

    KADOKAWA TAIWAN CORPORATION/台灣角川股份有限公司

    1999年設立。2015年に中文繁体字の電子書籍市場の将来を見据え、日本の電子書籍販売サイト「BOOK☆WALKER」のシステムやノウハウを移植する形で子会社として台湾漫読(BOOKWALKER TAIWAN)を設立。2021年に小説投稿プラットフォーム「KadoKado 角角者」を設立し、新時代の読書習慣に沿いDX化を更に加速。中華圏におけるオリジナルIPを開発・成長させるなど、台灣角川はKADOKAWAグループの海外戦略の中核を担っています。

  • YEN PRESS, LLC.

    YEN PRESS, LLC.

    2016年に米国の大手出版社Hachette Book Groupとの合弁会社として設立。北米市場での日本のライトノベル市場を開拓したリーディング・カンパニーであるとともに、オリジナル作品の開発や、他の英語圏への展開など、積極的に事業を展開しています。