社史

  • KADOKAWAグループについて
  • 社史
  • DXの実現から、IPで世界とつながる時代へ(2020年〜)


DXの実現から、IPで世界とつながる時代へ(2020年〜)

2020年11月6日、日本最大級のポップカルチャーの発信拠点「ところざわサクラタウン」を開業。デジタルトランスフォーメーション(DX)による出版事業の製造・物流改革、ワークスタイル改革、コトビジネスを推進し、時代の変化に合わせた「メガコンテンツ・パブリッシャー」として成長。多彩なIPの安定的創出と世界への伸展を中核とした「グローバル・メディアミックス」戦略の強化へ。



  • 2020(R2)

    朗読劇の製作を行う新ブランド「READPIA」立ち上げ。
    「Google2019 Partnership Award Display Monetization」受賞。
    ファンタジア文庫『スレイヤーズ』シリーズ刊行30周年。
    所沢市、所沢警察署と「地域安全に関する協定」、埼玉県、埼玉県警察と「埼玉県防犯のまちづくりに関する協定」を締結。
    越境ECサイト「EJ ANiME STORE」オープン。
    KADOKAWA Connectedの「Smart City研究所」とDXアドバイザリーサービスが本格始動。
    映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)公開。
    新型コロナウイルスの感染拡大により外出を自粛されている方々に向けて、「BOOK☆WALKER」「ComicWalker」「キミラノ」「ヨメルバ」等のプラットフォームで、児童書、ライトノベル、コミック、学習参考書の無料公開施策を展開。
    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全小中高の休校要請を受け、角川ドワンゴ学園N高等学校とドワンゴがオンライン学習アプリ「N予備校」の無償提供とオンライン授業の無料開放を開始。
    ドワンゴの新事業「Ncon」サービス開始。
    和山やま『夢中さ、君に。』「第23回文化庁メディア芸術祭」マンガ部門新人賞、「第24回手塚治虫文化賞」短編賞受賞。
    河邉徹『流星コーリング』「第10回広島本大賞」小説部門大賞受賞。
    「ところざわサクラタウン」竣工。
    「サクラタウン児童クラブ」開所。
    呉勝浩『スワン』「第41回吉川英治文学新人賞」受賞、「第73回日本推理作家協会賞〈長編および連作短編賞部門〉」受賞。
    「武蔵野坐令和神社」(公益財団法人角川文化振興財団)創建。
    「ところざわサクラタウン」プレオープン。
    埼玉県所沢市に設置された日本初の「LEDマンホール」にイラスト広告を掲出。
    「角川食堂」開業。
    「ComicWalker」月間2億PVを突破。
    「BOOK☆WALKER」海外での月間売上 1 億円を突破。
    株式会社Gotcha Gotcha Games設立。
    本部制を廃止し、グループ全体を13領域のグループへ組織再編。
    「EJアニメホテル」開業。
    柴田ケイコ『パンどろぼう』「第11回 リブロ絵本大賞」受賞、「第1回 TSUTAYAえほん大賞」受賞。
    N高の課題解決型学習「プロジェクトN」が「2020年度グッドデザイン賞」受賞。
    映画『ぼくらの7日間戦争』「第53回シッチェス・カタロニア国際映画祭」最優秀作品賞受賞。
    「ところざわサクラタウン」グランドオープン。
    「角川武蔵野ミュージアム」(公益財団法人角川文化振興財団)グランドオープン。
    「ダ・ヴィンチストア」開業。
    「ラーメンWalkerキッチン」開業。
    KADOKAWA創立75周年。
    “niconico”のサービスロゴが“ニコニコ”に変更。
    第71回NHK紅白歌合戦で初出場の音楽ユニットYOASOBIが角川武蔵野ミュージアム「本棚劇場」から生中継を実施。
    「Newtype」「ASUKA」創刊35周年、「月刊ザテレビジョン」「月刊コミックビーム」創刊25周年、「電撃オンライン」20周年、「電撃マオウ」創刊15周年、「BOOK☆WALKER」10周年、「週刊ザテレビジョン」創刊1900号。

  • 2021(R3)

    日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」が開幕し、KADOKAWA DREAMS参戦。
    映画『Fukushima 50』「第44回日本アカデミー賞」最多6部門で最優秀賞、最多12部門で優秀賞受賞、「第63回ブルーリボン賞」作品賞受賞。
    映画『MOTEHR マザー』「第75回毎日映画コンクール」日本映画大賞受賞。