商品・サービストピックス

商品・サービストピックス

KADOKAWA Connected N/S高、都内新キャンパスに10Gbpsの高速光ファイバ回線の構築~ニコニコ動画の大規模な逆側未使用ネットワーク帯域を活用~

KADOKAWAグループで運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、システムの設計・構築・運用、クラウドサービス、Bigdataサービス、働き方改革支援を手がける株式会社KADOKAWA Connected(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:安本 洋一)は、学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)、S高等学校(同S高)の、4月に開校した通学コース新キャンパスのうち、 秋葉原キャンパス・渋谷キャンパス(東京都)に10Gbpsの高速光ファイバ回線を構築したことお知らせいたします。

 N/S高 秋葉原キャンパス(左)、渋谷キャンパス(右)の様子 N/S高 秋葉原キャンパス(左)、渋谷キャンパス(右)の様子

KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ」をはじめとし、KADOKAWAグループで展開するサービスや施設のネットワーク構築を担っており、豊富なインフラ構築経験を保有しております。この度、学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)、S高等学校(同S高)が、4月に開校した通学コース新キャンパスのうち、秋葉原キャンパス・渋谷キャンパス(東京都)にダークファイバを用いた10Gbps回線を構築されるにあたり、当社に相談をいただきました。


 ネットの高校であるN/S高では多くの企業で使われているICTツールを利用し、ネットを介した学習やコミュニケーションを行っています。生徒はZoomを使って遠隔地にいるほかの生徒や教職員たちとリアルタイムでコミュニケーションしたり、Adobe Creative Cloudを活用して授業における提出物などを制作しているほか、VRヘッドセット「Meta Quest 2」を使ってバーチャル空間内での学びや交流を日々行っています。また、近年ではeスポーツも生徒の間で高い人気があり、生徒同士での対戦や交流も数多く実施されています。

 高速かつ低遅延で安定したインターネット環境に対する生徒のニーズに応えるため、秋葉原キャンパス・渋谷キャンパスにおいて無線LANやインターネット回線の徹底的な強化を行いました。
 まず、新キャンパスに導入した10Gbpsの専用線*は、インターネットプロバイダーではなくKADOKAWAグループのバックボーンに直結することで、高速かつ安定したインターネット回線を確保しました。

 また、同時に大人数がアクセスしても高速に利用できる無線LAN環境を構築するべく、高速Wi-Fi規格「Wi-Fi6」に対応した無線LANルーターとして、KADOKAWAの大型複合施設「ところざわサクラタウン」で実績のある機材を導入しました。Wi-Fi6対応端末で最適な通信設定の場合、1端末あたり400Mbps前後(実測値)の速度でインターネットが利用可能となっています。

 これにより、キャンパスにいる生徒が同時に8Kなどの高画質映像を視聴したり、VRChatをはじめとした大容量のデータ通信が必要となるメタバースアプリケーションを使用しても、全員がストレスなく利用できます。また、授業で生徒同士がネットワークを介して共同で制作を行う際にも、よりスムーズなコミュニケーションが可能です。さらに、超低遅延なインターネット接続が求められるeスポーツも快適に楽しむことができます。

 実際に、キャンパスで回線を利用した生徒からは「動画の読み込みが一瞬で終わる」「自宅だと画質が粗く、描画が遅いクラウドゲームサービスも、キャンパスではスムーズにプレイできる」「自宅よりも圧倒的に快適」等の声が寄せられています。

 そして本回線の構築を、KADOKAWA グループで豊富なインフラ構築経験を持つ当社、株式会社 KADOKAWA Connected が担当しました。「ニコニコ動画やニコニコ生放送のサービス提供で使用されるKADOKAWAグループのバックボーンは、総容量1.9Tbpsにものぼる巨大なネットワークです。インターネットからKADOKAWAグループのバックボーンに対してはニコニコ動画のサーバなどへの膨大なアクセスがありますが、逆に我々のバックボーンからインターネットへのアクセスはほぼないため、帯域が空いている状態です。今回のN/S高新キャンパスの回線は、この空いている帯域を活用することで、一般的なプロバイダーでは実現困難な、超広帯域かつ低遅延なインターネット接続を生徒の皆さまに提供します」(当社 InfraArchitect 部 部⻑ 東松裕道)

 また、本支援に対する取り組みについて、日本ヒューレット・パッカード合同会社 執行役員 Aruba事業統括本部長 田中 泰光 様よりコメントをいただきました。

「このたび、日本でも最先端のネットワーク環境を整備され、先進のICT教育を実践されている角川ドワンゴ学園 N高等学校、S高等学校に、KADOKAWA Connected様を通じてArubaの無線・有線LANネットワークソリューションが導入され、日々ご活用頂けることをたいへん嬉しく思います。本導入ではサクラタウンへの導入におけるKADOKAWA Connected様の知見を活かし、ArubaスイッチをKADOKAWAグループ様のバックボーンに接続いただき、アクセスポイントのWi-Fi6チューニングを実施いただきました。これにより生徒様の豊かなエクスペリエンスを実現いただいております。またWi-Fi6のチューニングにあたっては弊社のエンジニアも参加させていただきました。今後もArubaでは、世界中の教育機関で当社ソリューションをご利用頂く中で蓄積された実績と知見を結集し、両校の生徒、教職員の皆様の快適で安全な学習環境や課外活動を全力で支援してまいります」

当社は、角川ドワンゴ学園が今後、N/S高の都内の他のキャンパスでも高速回線環境を随時整備する上で協力し、生徒のさらなる学びの環境をサポートしてまいります。
 

*新キャンパスには完全占有型光ファイバを直接引き込み、KADOKAWA グループのバックボーンに直結するため、10Gbps の帯域が保証された専⽤回線となります。



◆KADOKAWA Connected 概要
名称:株式会社 KADOKAWA Connected
本社所在地 :東京都千代田区富士見二丁目13番3号
代表者 :代表取締役社長CEO 安本 洋一
設立:2019年4月
資本金:50,000,000円
企業URL :https://kdx.co.jp/
事業内容:DXコンサルティング・システム設計/構築/運用・クラウドサービス・Bigdataサービス

株式会社KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供。大規模なインフラ、ネットワーク、Big Data分析をサービスとして提供しながら、企業のDX実現も手がけ、各分野の先端を走るビジネスパートナーとともに実行しています。
Twiter:https://twitter.com/KADOKAWA_KDX
 

  • twitter
  • facebook
  • line