商品・サービストピックス

商品・サービストピックス

韓国語入門テキストの決定版がついに登場! K-POPや韓流ドラマを原語で楽しむ基礎が作れます『慶大の超人気授業が本になった! 本当によくわかる韓国語初級』発売!

株式会社KADOKAWA(代表取締役社長:夏野剛、本社:東京都千代田区、以下KADOKAWA)は、2021年11月18日(木)に『慶大の超人気授業が本になった!本当によくわかる韓国語初級』を発売いたしました。
本書はのべ3000人の学生に韓国語を教えてきた著者が作り上げた、全48課・3か月で完了できるカリキュラム。韓国語初心者がどんなところでつまずくのかを検証し、「文字」と「発音」に全体の4割ほどをあてている点が第1の特長です。韓国語の文字=ハングルを覚えること自体は、それほどむずかしくありませんが、カギは“発音変化”。この法則性をしっかり覚えることで、次のステップにスムーズに進めます。QRコードからネイティブ男女の音声を聞けるので、実際の発音も確認できます。


 第2の特長は、研究者としての知識も生かした、ていねいすぎるほどていねいな解説。目の前で授業をされているかのような説明で、全くの初心者でもこの本1冊でしっかり学べます。必ず覚えたい動詞、形容詞の活用形は、表を多用してわかりやすく。疑問点やあやふやな点が残らないので、韓国語学習の入り口で挫折した経験を持つ人にもおすすめです。

第3の特長は、練習問題が豊富な点。1週間、1か月ごとに復習問題を設けているので、学んだことが確実に定着します。

これらの特長により、1冊を終えれば自然とハングル検定5級に相当する「文字」「発音」「初級文法」がマスターできる仕組みです。著者の授業で韓国語の基礎を作った教え子には、韓流ドラマや映画を原語で楽しむレベルに達している学生も少なくありません。本書は韓流コンテンツをより楽しむための第一歩に最適です。


【目次】
第Ⅰ章(第1課~第20課)
文字と発音
個々のハングルの読み方と、文字をつなげて読む練習をします

第2章(第21課~第28課)
体言を使った基本表現
「~は~です」といった基本的な文から始めます

第3章(第29課~第48課)
用言の活用と基本表現
動詞、形容詞などの3通りの変化のパターンを学びます。

【書籍概要】
『慶大の超人気授業が本になった!本当によくわかる韓国語初級』
著者:高木丈也
発行:株式会社KADOKAWA
定価:1,700円(本体1,545円+税)
発売日:2021年11月18日
判型:A5
ページ数:288
ISBN: 978-4-04-897118-8

KADOKAWAオフィシャルサイト 書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322106000604/

【著者プロフィール】髙木丈也(たかぎ たけや)
慶應義塾大学総合政策学部専任講師。専門は韓国語学。学生に韓国語を教えてきた経験から、どこで初心者がつまずくのか、学ぶ上で基礎となるポイントはどこか、を見出す。研究者として培った知識も生かし、初心者が効率的に学ぶために作り上げたカリキュラムが本書となる。著書に『ハングル ハングルⅠ・Ⅱ』(共著、朝日出版社)など。2016年 朝鮮学会研究奨励賞受賞。担当する慶大の韓国語の授業は、毎学期、定員を超える学生が受講を希望する。
  • twitter
  • facebook
  • line