商品・サービストピックス

商品・サービストピックス

創刊から30周年を迎えた『花時間』が、オンラインサロンをオープン。サロンに集うメンバー“花友“をただいま募集中!

株式会社KADOKAWA(代表取締役社長:夏野剛、本社:東京都千代田区、以下KADOKAWA)は、2021年11月1日から、メディア『花時間』が運営する、Facebookを活用したオンラインサロン<『花時間』ときめきサロン>をスタートします。ただいま、参加者を募集中です!
創刊より30周年を迎えたメディア『花時間』。これを機に、花好きの方々と相互交流できる新たな場を作りました。その名も<『花時間』ときめきサロン>。好きな花を通して、わくわく、どきどきを編集部と一緒に体験できるオンラインサロンです。気軽におしゃべりできる花友が作れます!

  • 7つの“わくわく、どきどき”が待っています!

わくわく、どきどき1は「美しいアレンジの壁紙画像」(月2回)。『花時間』に掲載された美しいアレンジ画像を、スマートフォンの壁紙用データにしてプレゼント。スマートフォンを開くたび、ほっと癒やされますよ!
 

わくわく、どきどき2は「ピーターパン、花市場へ行く!」(月2回)。『花時間』インスタグラムの管理人、ピーターパンが花市場で見つけた、おしゃれな旬の花、珍しい花を配信! お手入れの仕方などのお役立ち情報とともにお知らせします。
 

わくわく、どきどき3は「プロが伝授! 暮らしの花・生配信」(月1、2回)。人気の花屋さんやガーデナーがライブで配信します! 即興のミニアレンジレッスンや季節の庭仕事まで、プロならではの情報とノウハウがためになります。
 

わくわく、どきどき4は「見て見て! 私のおうちアレンジ」(月2回)。編集部が発表したお題に合わせてアレンジしたら、写真に撮って投稿。メンバー同士で自然と交流が生まれます。編集部からは花時間賞を選定し、素敵なプレゼントを差し上げます!
 

わくわく、どきどき5は「花友のみんなで、花時間会議!」。誌面で見てみたい花の企画から、イベント、オリジナルグッズまで花にまつまわるあれこれを話し合って、実現させましょう。
 

わくわく、どきどき6は「毎週月曜に配信する応援フラワー」。明るい気分になれる花の写真を、花言葉と扱い方つきで配信します!
 

わくわく、どきどき7は「メンバー限定で開催するレッスン(有料)」。サロンでは季節、行事に合わせたレッスンを定期的に行っていきます!


『花時間』ときめきサロンの詳細は
https://store.kadokawa.co.jp/shop/k/k302109000928/
※第1期(11月1日~12月31日、以降更新あり)参加者の募集は10月24日まで、第2期募集は12月予定です。

『花時間』について
年2回発行の雑誌、インスタグラムやフェイスブックといったSNSなどで、花から始まるライフスタイルを提唱しているメディアです。花の情報も楽しめる女性誌として1991年に創刊し、この秋、30周年を迎えました。「もっと気軽にもっと身近に。#花のある暮らし 」がモットー。12万フォロワーを抱えるインスタグラムでは毎朝、花情報を配信しています。

★最新刊情報『花時間2022秋冬』
発行:株式会社KADOKAWA
定価:1,925円(本体1,750円+税)
発売日:2021年10月7日
KADOKAWAオフィシャルサイト 書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322012000880/

インスタグラム
https://www.instagram.com/hanajikan_magazine
フェイスブック
https://www.facebook.com/hanaenterbrain
ツイッター
https://twitter.com/hana_jikan

  • twitter
  • facebook
  • line