ニュースリリース

ニュースリリース

日本初 KADOKAWAがベトナム発のオリジナル少年サッカーマンガを開発 ヴー・ホン・ナム駐日ベトナム社会主義共和国特命全権大使を表敬訪問

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:夏野剛)は、ベトナムの大手出版社キンドン社と共同で、ベトナム発のオリジナルの少年マンガ作品を開発することになりました。本プロジェクトは、日本初の試みとなります。



ベトナムで刊行予定のマンガ『SON GOAL!(ソン ゴール!)』(馬場民雄/著)1巻のパネルを手に、ヴー・ホン・ナム駐日ベトナム社会主義共和国特命全権大使(右)とKADOKAWA青柳昌行CPO(左)による記念撮影。(撮影:野口彈)

 


このたび、本プロジェクトの責任者である株式会社KADOKAWA(以下、KADOKAWA)青柳昌行CPOが、ヴー・ホン・ナム駐日ベトナム社会主義共和国特命全権大使を表敬訪問いたしました。

KADOKAWAでは、日本のマンガを海外にローカライズするだけではなく、最初から海外向けに特化した作品の開発を志向しております。その第一弾として、ベトナム向けの少年サッカーマンガを刊行することになりました。現在、刊行時期を調整中で、改めてベトナム国内で出版会見を行なう予定です。

会談では、青柳CPOから、日本初の試みとして、ベトナム発のオリジナルの少年マンガ作品を今年ベトナムで刊行予定であること、ベトナムの少年がサッカーを通して友情をはぐくみ成長していく物語で、作中にはベトナムの観光地や風物が多く登場する物語であること、作品完成の暁にはベトナム大使館にぜひ1000部寄贈させていただきたいことなどをヴー・ホン・ナム大使にご報告いたしました。

ご自身も大のマンガ好きということで、ヴー・ホン・ナム大使からは
「今回の試みには非常にいいポイントがいくつもあると思います。まず、ベトナム人はみんなサッカーが大好きです。そしてベトナムの子供たちにマンガは大人気です。サッカーとマンガが、ベトナムと日本の関係を深める架け橋となることは間違いありません。また、ベトナム人の中にも自国の名所を訪れたことのない方はまだまだたくさんいらっしゃるので、彼らに自分たちの国を知ってもらうよい機会にもなると思います。このプロジェクトが成功すること、そして、多くのベトナムの子供たちに受け入れてもらえるであろうことを確信しております」
というお言葉をいただきました。

青柳CPOから今後の展望として、本プロジェクトを皮切りに、その後はベトナム人マンガ家による作品も企画開発していきたいことを伝えると(※)、ヴー・ホン・ナム大使からはベトナムで人気のマンガ作品やご自身が子供のころに読まれていたマンガの話、企画のアイデアなどもいただきました。
そのほか、ベトナムと日本で今後マンガコンテンツを一緒に盛り上げていくための障壁のひとつ、海賊版防止対策についても協力して解決に向けて取り組んでいく必要があることなども話し合われました。



左から、有限会社パオ越谷勝治氏、KADOKAWA青柳昌行CPO、ヴー・ホン・ナム大使、N&V BRIDGE GROUPグェン・ボー・フェン・ユーンCEO 代表取締役社長、有限会社チャイム松本慈之氏。(撮影:野口彈)



会談中のヴー・ホン・ナム大使とKADOKAWA青柳昌行CPO。(撮影:野口彈)


(※)KADOKAWAは、日本国内での既存のマンガをカラーにして縦スクロール化するプロジェクトをベトナム国内でも推進しており、ハノイ工業美術大学、キムドン出版社と連携してタテスクマンガの新人発掘にも尽力しております。今後もベトナムの文化発展の一助となる活動をしていきたいと思っております。

【参考】2019年、KADOKAWAチームがベトナムのハノイ市文化・スポーツ・観光局、ハノイ工業美術大学、キムドン出版社を訪問した時の様子(N&V Bridgeニュースサイトより)
https://bit.ly/3iRPxpr



KADOKAWA「タテスクコミック」について



縦スクロールコミックとはWEB上で縦にスクロールして読むコミックで、スマホで気軽に読めるところから作品も読者もどんどん増えている、今1番熱いコミックジャンルで、1話60コマ前後で手軽に読むことができます。
KADOKAWAタテスクコミックでは、人気タイトルだけでなく「タテスクコミック」オリジナル作品も随時配信が予定されており、国内外の様々なプラットフォームでも配信予定となっています。

サイト:https://bkwk.jp/kttsc01
公式Twitter:https://twitter.com/Tatesc_Comic




《本件に関する報道関係からのお問い合わせ先》
株式会社KADOKAWA パブリシティ室
ln-pub@ml.kadokawa.jp


PDFはこちら>>(576KB)


  • twitter
  • facebook
  • line