制度紹介 特徴的な人事制度、福利厚生について。

人事制度

自由で自律的な働き方のための人事制度

リモートワーク

その日の業務に合わせて、働く場所(自宅あるいはオフィス)を自由に選択することができます。
※スマートフォン、ノートPC、タブレット端末、ポータブルWi-Fiなど、リモートワークワークに必要な機器は会社から貸与。
※全社員が利用可能なVPN(Virtual Private Network)を整備。
※スマートフォン、ノートPCはBYOD(Bring Your Own Device)も選択可能。
※在宅勤務手当あり。在宅勤務時に、1日あたり150円の手当を支給。
※2022年1月~4月の平均在宅勤務率は72%。

スタートダッシュ支援金

弊社中途採用ページから正社員募集職種に直接ご応募かつご入社いただいた方に、サインオンボーナスとして50万円を支給いたします。学習費用に活用したり、ご自宅のリモートワーク環境をアップグレードしたりするなど、入社後のスタートダッシュをより良いものとするためにご活用ください。
※当支援金制度は予告なく終了する場合がございます、予めご了承ください。

新たなキャリア機会をつくる人事制度

FA(フリーエージェント)制度

新たな挑戦をしたい社員と、メンバーを募集したい部署とを結ぶ制度です。社内の各部署が必要なポジションを公募し、マッチングが成立した場合異動となります。編集やプロデューサーといった事業系の職種から人事、経営企画といった管理系の職種まで、数多くの部署から自分の意思でキャリアを選択&形成することが可能です。

副業制度

FA制度と同様、自発的なキャリア形成を目指して副業制度を導入しています。 社内では経験できないような仕事に取り組みキャリアの幅を広げていただくほか、社外で得た知見をKADOKAWAに持ち帰り、本業にも活かしていただきたいと考えています。

福利厚生

KADOKAWAでは社員の多様な人生をサポートするため、「学び」「支える」「守る」+「余暇」を柱とした福利厚生サービスを展開しています。

  • 学び

    社会が益々グローバル化・デジタル化へと進んでいく中、自身の学びを止めず新しい知識のインプットをし続ける

  • 支える

    多様な人材が働き続けることができる環境を提供し、ライフステージに合わせたサポートをする

  • 守る

    病気になった際、治療中や復職後も安心して働くことができるような働き方を提供する

  • 余暇活動の支援

    クリエイティビィティを
    刺激するようなインプットの支援

「学び」福利厚生

資格取得一時金

現在の業務に関わらず、エンタメ業界でのキャリア形成につながる資格を取得した社員に対し1〜100万円の一時金を支給します(資格取得の申請数は無制限)。対象資格は、全116種(2022年3月時点)。言語、出版、デザイン、情報処理、経営、法務、歴史、世界遺産、旅行など、汎用的かつ実践的な資格を中心に幅広い分野が対象です。また、本施策の対象とならない資格についても、業務に必要と認められれば受験料を全額支援します。なお対象資格は社員の声を聞きながら随時、追加・アップデートしていきます。

N予備校無料受講ID発行サービス

グループ会社である株式会社ドワンゴが提供する学習アプリ「N 予備校」が一般会員向けに提供しているプログラミングやWebデザインなどのコースを無料で受講できます。

「支える」福利厚生

育児・介護との両立支援

  • ✓妊娠休暇、通院休暇、産前・産後休暇
  • ✓出産祝い金(子どもが生まれた社員に、第1子10万円、第2子20万円、第3子30万円、第4子以降40万円を支給)
  • ✓育児休業
  • ✓育児手当支給制度(小学校就学前までの子どもを持つ社員に対し、子一人につき1万円を毎月支給)
  • ✓ベビーシッター利用者支援事業(0歳〜小学3年生までの児童がいる社員がベビーシッターによる家庭内での保育や世話、保育施設への送迎などのサービスを利用する際、1日最大4400円の割引が受けられます。※条件あり)
  • ✓子どもの看護休暇(小学校就学前までの子どもを持つ社員に、子どもの人数に応じて年間5~10日の休暇を付与)
  • ✓時短勤務制度
  • ✓介護休暇、介護休業(要介護状態にある家族を介護する社員は、対象家族の人数に応じて年間5~10日の休暇を取得できる他、時短勤務などの利用、介護休業の取得などが可能)

育児休業取得状況 
2021年4月1日~2022年3月31日

「守る」福利厚生

団体3大疾病保障保険

所定のがん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中になった場合に、保険料は全額会社負担で一時金100万円をお支払いします。

脳検査(脳ドック)費用補助

40歳以上の社員を対象に2年に1回、検査費用の自己負担分を最大5万円まで補助します。

ヘルスケアアプリ「HELPO」

無料で健康相談チャット(24時間365日対応)やオンライン診療等のサービスが受けられます。

角川食堂(社員食堂)

ところざわサクラタウン内に開店した『角川食堂』は、「不規則になりがちな社員の食生活をサポートしたい」という想いから始まりました。地元産の新鮮食材をふんだんに取り入れた日替わり定食や、『レタスクラブ』とのコラボメニューの他、試作に試作を重ね独自のミックススパイスを開発して生まれた角川食堂カレーも評判です。

サクラタウン食事代補助キャンペーン

『角川食堂』をはじめとしたところざわサクラタウン内のお店で社員向けに期間限定で1日二千円の食事代補助支給を実施中。

「余暇」を支援する福利厚生

サブスク手当

社員のクリエイティブな発想を支える施策として、対象となるエンタメジャンルのサブスクリプションサービスを1つ以上契約している社員に、手当として3,000円/月を支給しています。

休日休暇

完全週休二日制(土・日)、祝日、年末年始休暇(12月29日~1月4日)、年次有給休暇(入社日より最大12日付与)、夏季休暇(5日間)、慶弔休暇、産前・産後休暇 など