新型コロナウイルス感染症に関するKADOKAWAグループの取り組み

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々のご回復を心よりお祈り申し上げます。また、医療従事者の皆さまをはじめ、事態の一刻も早い収束のためにご尽力されているすべての皆さまに敬意を表し、感謝申し上げます。

KADOKAWAグループでは、エンターテインメントを世界中の皆さまにお届けし続けるために、従業員とその家族、お客様をはじめとするすべてのステークホルダーの安全確保、感染拡⼤防⽌を最優先に取り組んでいます。海外現地法人も含め、各国政府および自治体の規制・要請を遵守し、感染予防対策を行っています。

今後も、政府や自治体の方針に従った感染拡大の防止対策に沿って対応してまいります。


ワクチン接種の支援

[職域接種について]

KADOKAWAグループでは、2021年6月28日より、株式会社ドワンゴのオフィスを接種会場とした新型コロナウイルスワクチンの職域接種を開始し、KADOKAWAグループ従業員とその家族、取引実績のある作家・ネットクリエイター・インフルエンサーの方々を対象とした接種を行っています。

[ワクチン休暇について]

接種を希望する従業員のワクチン接種にあたっては、各社でワクチン休暇などの制度を導入し、従業員が安心して接種できる環境を整えています。


グループ各社のリモートワーク状況

各国・各地域における新型コロナウイルス感染症の発生状況および各グループ会社の特性にあわせ、高いリモートワーク率で事業活動を継続できる体制を構築しています。

<感染拡大時におけるグループ各社のリモートワーク状況の例>
(東京都などに4回目の緊急事態宣言が発令された2021年7月の1か月間平均)

感染拡大時におけるグループ各社のリモートワーク状況の例

罹患者の発生状況

株式会社KADOKAWAでは、ステークホルダーの皆さまの安心・安全のため、関係各所との連携や早期回復のサポートなど、罹患者の発生に適切に対処しています。